お得な電気料金の選び方とは?

From:山川晃弘

ついに今年の4月から電力自由化が始まる。

これは電気料金を支払う会社を
各個人もしくは世帯が、
自分で選ぶことができるようになるサービスだ。

これによって、その人もしくはその世帯で
電気を多く使う時間帯や量で
受けられるサービスや割引などが変わってくるので、

その人の生活に合った
会社の電気料金プランを選ぶことで、
今までよりも電気代を
節約することができるようになる訳だ。

とはいえ、選べる会社の数はかなり多く、
つい最近になって、やっと各社の電気料金プランも
公表されるようになってきたため、

まだ具体的にどこと契約するかを、
決めていない人がほとんどではないだろうか?

人は選択肢が多すぎると、
かえって何も選ばないという心理状態が働く。
あなたにも、そういった経験があるはずだ。

加えて、すぐに決めなければならないという緊急性は無い。

別に新しく電気料金プランを選ばなくても、
従来のままの契約料金が請求されるだけで、
ある日突然、電気が止まってしまうという訳ではないので
その点はご安心を。

だが、プランによっては
ガス代やインターネット料金などとセットで契約すると

年間万単位で節約できるお得なセット割ができる、
というのもあって、さっさと契約した方がお得な場合もある。

しかし、安易に決めてしまうと
かえって損をしてしまうケースもあるのだ。

インターネット料金や携帯料金などと一緒で
契約から指定の契約期間を満たす前に解約してしまうと、
解約金や違約金などを取られてしまう場合もある。

引っ越す予定の無い一戸建ての持ち家の人はまだ良いが、
単身で賃貸マンションやアパートに住んでいる人や
引越しが多い業種の人にとっては
契約を懸念してしまう要因になってしまいかねない。

そして、これらのサービスを
比較対応できる会社も出始めてきた。

比較サイトの最大手である『価格.com』は、
すでにこの電気料金の比較サービスの配信を導入している。

やり方は簡単で、
価格.comの専用サイトから情報を入力するだけだ。

まず自分の住まいを設定して、
現在契約している会社と電気種別を確認、
その後、契約アンペアを入力する。

次に、自分の生活スタイルを入力する。
何人家族で、日中帯も家に誰かがいて、
電気を使用するのかと言った簡単なものだ。

その後、直近の電気料金の明細から、
その月の電力消費量(kWh)を入力すると、
年間の予想総電気消費料が算出される。

それらを元に比較計算を行うと、
どこと契約するのが年間の電気料金として
お得かをいつものように表にして比較してくれるのだ。

価格.comなどのような比較サイトの運営は、
こうして比較を出した表の会社へのリンク先へ顧客を誘導し、
契約を発生させると、価格.com側にインセンティブとして、
利益が入るような仕組みになっている。

こういった流行を先読みし、
すぐに対応できるようにしてスピーディに顧客へ
サービスを提供するのも素晴らしいマーケティングスタイルだ。

今後、電力自由化はまだ導入期ではあるが、
続々と色々な業界の会社が参入してきている。

中には、生鮮食料品を取り扱う
店舗型スーパーのようなところでさえ、

契約してくれると一週間に一回、
SMサイズの卵10個が無料!とうたっており、

年間で卵代だけで、こんなにお得ですよー
といったようなユニークな発想も出てきている。

これは家庭をもつ主婦層を狙った、
とても良いキャッチコピーであるといえる。

マーケッターとしては、
今後のこの電力自由化を巡った
競合会社による競争激化によって、
いったいどんなオファーを見せてくれるのか楽しみである。

山川晃弘


コメントする