これって、誰のせい?

From:山川晃弘

昨日の雪の影響の話。

昨日、何気なくTVを見ていれば、
自然と目に入るくらい報道していた内容で、
首都圏の通勤ラッシュは大混乱になっていた。

どの路線でも大混雑していたが、
特に東急東横線は2年前に起きた
雪の日の追突事故によって、

今回、間引運転や速度規制などをした影響で、
ホームから人があふれ出て、
一時どころかしばらくの間、改札への入場規制さえ起こっていた。

電車の本数が間引きされて少ない上に、
速度まで制限されたせいもあって、
都心に向かう途中駅の人達は、

やっと電車が来たとしても満員で乗り込むことができず、
列が少なるなることはなく、正午を過ぎても、
駅の入り口の外まで並んでいる列が途切れることはなかった。

昨日は突然の天候だったし、
今年の冬は暖かかったせいもあって、
普段は車で通勤する人も

冬用のタイヤに変えていなったり、
雪道運転は危険だと感じ、
特に昨日は電車にしている人が多かったことだろう。

また、週始めの月曜日と言うこともあって、
都心から地方へ出張に向かう人も多いと思うため、
それらの要素も少なからず影響をしているだろう。

でも、驚いたのは、
やはり日本人のマナーの良さだ。

東日本大震災の時の映像でも思ったが、
列が乱れたり、罵声が飛んだり、
押しあって揉め事が起こったり、
というのは報道のVTRでは見受けられなかった。

たしかに雪の影響によるものなので、
文句を言ったところでどうにもならないのだが、

それでも、中にはやはりモラルの無い人が
1人か2人はいて、文句を言いだし、
混乱を広げるような事態になると、思っていた。

それが無かったのは、
不幸中の幸いと言える。

逆に言うと日本でしか考えられないことだが。。。

このような大事になってしまったのは、
鉄道会社側のせいだろうか?

鉄道会社側は安全を考えてのことなので、
一概に悪いとはいえないが、
だが、詳しく情報を出さなかった責任はあるだろう。

待っている列の人達によると、
どれくらいで乗れそうかなどの案内はなかったとのことなので、

この情報がもう少し展開されれば
他の交通手段を使ったり、自力で歩いたり、
会社に連絡をとって休みを取得させてもらったりと、
違う手段を考えた人がいたかもしれない。

企業側にも原因はあるのではないだろうか?

台風の時と同じで、
よほど重要なことがなければ、
昨日は自宅待機や、
家でやれる作業などがあったのではないだろうか?

もちろん、顧客にとって、
どうしても迷惑がかかってしまう仕事や
絶対に人手が必要な仕事もあるだろう。

だが、企業側も前日から
明日の天候を常にチェックしておき、
それらの対策と指示を予めしておくべきであると思う。

顧客に対しても、悪天候の日などの対応は、
鉄道会社が行っているように、
通常時に比べてサービスを満足に提供できない可能性があるなどと
あらかじめ告知しておけば、大きな問題にならないのではないだろうか?

山川晃弘


コメントする