ちょっと待って。あなたのお金は大丈夫?

From:山川晃弘

先日から、色々なところで
騒がれるようになってきた「マイナス金利」という言葉。

2016年の2月16日から始まる予定だが、
僕も漠然としていてよくわからなかったのだが、
ちょっと情報を仕入れたので、
今日はこの情報についてシェアしようと思う。

何となく「マイナス金利」と聞くと、
我々一般消費者からすると、
「低金利」のさらに悪い版なのではないか?
と思ってしまう。

もしかして、銀行などに預金していると、
ただでさえの金利なのに、今後は金利が付くどころか
逆に保管手数料として取られてしまうのではないか?
と考えてしまうが、そうではない。

実はマイナス金利と言うのは、
日本銀行と民間の銀行とのやり取りの際の金利が
マイナスになるということだ。

民間銀行も我々の預金をただ自社の金庫に保管したり、
貸出して利益を得ているのではなく、
日銀に預金して、その利子をもらっていた。

その金利が今後はマイナスになるという意味だ。
(ちなみに日銀はその預金で負の国債を買っている。)

つまり、民間銀行は日銀の預金がマイナスになれば、
日銀に預けるよりも民間や会社などに貸し出した方が
利回りが良くなる。

要は今までは、一般からの預金を
さらに日銀に預金することで利益を得ていたため、
会社などの融資には消極的だった。

だが、このように出さざるを得ない状況にすれば、
経済が活性するかもしれないという国の施策なのだ。

だから、直接的には、
「マイナス金利」というのは、
我々の預貯金に影響するわけではない。

別に銀行だろうが、ゆうちょだろうが、
お金を預けていも減るようなことはない。

ただ、同時並行で、
早いところではもう今週から
各銀行の金利はまた下がっている。

ソニー銀行などは、
今までの0.02%の利率から、
0.001%の金利にまで下がる。

要は10万円を1年間預けて、やっと1円になる状態だ。
しかも税金で取られるので、実質は0円

ほとんど意味はなしていない。

さらに今後の懸念点もある。
上記のように銀行が会社に貸し出せば、
利益が良くなるかと言うと、
そこはあやふやなので、
本当に利益を出せるかはどうかはわからない。

では、どうするか?

考えられる手っ取り早い方法は、
我々一般人が払込、時間外引出、振替などに
よる手数料の値上げだ。

結局は、10万円を1年預けても0円の時代に、
時間外引出で、一回の手数料が108円、
もしくは今後はもっと掛かる時代が来るということ。

なので、我々の資産の運用は、
別のところでやるべきではないかという
意見が出てきている。

たとえば、松坂屋などで良く買い物をする人は
松坂屋が提供しているサービスに預けるなどすれば、
1カ月1万円ずつの預金を1年で12万円で+1万円の利息が付いて、
13万円分の買い物ができるという仕組みだ。

もちろん、松坂屋でしか使えないが、
それでも年利率8.3%になるというのは魅力的だ。

旅行に良くいく人などはANAやJALのサービスも
良いかもしれない。

もしくは株を売買目的ではなく、
株主優待をもらうために購入するなど、
早急に資産運用を色々と検討した方が良いかもしれない。

山川晃弘

PS
最近、ニュースの話題ばかりになっている
気がする…(^^;)


コメントする