最近改めて気付いた大事なこと

171

From:山川晃弘

昨日は久しぶりに
午後から休息を取っていた。

ここ最近はやることがたくさんあって仕事詰めで
かつ休みは関係ないものだから
ずっと仕事をしていたような感じがする。

なので、
仕事がちょっと一区切りついたのと、
自分でもわかるほどの疲れが酷かったせいもあって、

午前中の仕事を片付けてから、
珍しく仕事をしないで、ゆっくりすることにした。

(でも、性分でメールやチャットの連絡は見ていて、
結局、回答したりして仕事のようなことをしてたけど。)

最近、特に思っていたのは、
やはり休日というのは必要だということ。

別に仕事自体が嫌だとそう意味ではないが、
モチベーションの問題と
あからさまに効率的が落ちてきているのが、
自分でわかるからだ。

たまに書いていて、
いつの間にかぼーっして、手も頭も止まっていることがあった。

なので、休息を取ろうとしたのだが、
だからと言って、気分転換とはいえ、
仕事以外の他事をやって、逆に疲れてしまっては意味がない。

頭を休ませるという意味では
ぼーっするのが脳に一番良い。

要は何も考えない時間を過ごすこと。
これが脳を休める一番効果的な方法だ。

じゃあ、昨日はそれをしていたか?
・・・というと、

実はあまりの疲れからか、
久しぶりに夕寝をしてしまっていた。

30分くらいで意識は戻ったのだが、
1時間くらい起き上がれなかったところを見ると、
自分でもびっくりするくらい疲れていたのだと思う

自分は睡眠時間は短くて済む体質(でも睡眠浅いけど)なので、
あまり長時間寝ていると却って体の調子が悪くなったりするのだが、
体が不調になってくると、やたら眠くなるのだ。

その時の睡眠時間はとても長い。
日中に眠くなったら、風邪をひく前兆かもしれない
と思えるくらいなのだ。

というわけで、昨日は午後から
取り溜めた録画を消化したり、
1時間夕寝をしたり、TVをぼーっと見たりで
とにかく、体と脳自分なりに休め、
少し早めの就寝をした。

そして、本日の体調はというと、
昨日以前よりは明らかに調子が良い。

ただ、半日ではやっぱり厳しいのか、
疲労完全回復には至っていない。

よく休日になると寝溜めしておくという人をよく聞く、
休日の過ごし方があまりにももったいないので、
僕はやりたくないのだが、最近は効果があるなら、
やってみてもよいかもしれないと思うようになってきた。
(効果なかった時の時間がもったいなさすぎるので、
トライできていないが、、、)

コピーライティングの仕事は、
健康状態がめちゃくちゃ大事。

睡眠時間を削って、
たくさんの時間をコピーに掛けたからと言って、
良いものができるわけでもないし、
別に売れるものができるわけでもない。

おそらく、世の中になるもので、
時間と成果がまったく比例しないものかもしれない。

リサーチならともかく、ライティングをするなら、
むしろ、きちんと休息をとって、頭をスッキリさせた状態で、
短時間に一気に集中して書いた方が、
感情を動かすダイナミックな表現を生み出せることが多い。

なので、自分でももう少し健康に気を遣おうと思う。
たまには、温泉に行ってみても良いかもしれない。

ここで風邪を引いたり、
インフルエンザをもらったりしたら、
それこそ致命的だ。

山川晃弘


コメントする