勘違いしていませんか?店舗集客で一番大事なこと

078

From:山川晃弘

以前、通っている整体の先生から教えてもらった
鳥料理専門のランチ店に、

ここ最近は、施術がある日の度に
そこでランチをするようになったのだが、
もともと、親しみやすい店の人だったが、

最近では、すっかり顔も覚えてもらえて、
「いつもありがとうございます」とか
「結構、頻繁に来てくれてますよね?」とか
言われるまでになった。

正直、客の立場からすると、
自分がお気に入りの店の人に
自分を覚えていてくれている、
気に掛けてくれているというのは、
すごく嬉しい。

これが、この店に
ファンができる要因なんだと思う。
僕はこの店のこういう雰囲気が好きだ。

この前、味は重要といったが、
確かに味は大きな決め手ではあるけど、

では、味は美味しいが、店の人が不愛想で、
店に活気もなく、他のお客さんもしーんとしたまま、
一人ランチのような状態の店だったら、
はたして本当に通っていただろうか?

よく店舗を経営している人で
一番困っていることは何かと聞くと、
返ってくる大抵の答えは「新規集客」ができていないこと。

確かに新規集客は一番難しく、
とても重要なことだが、
あることを勘違いしている人が多い。

それは、、、まず一つ挙げると、
新規だけを集客し続けたら、
経営が成り立つと思っていること。

それはありえない。

まあ、さすがにそこまでは言わないが、
一番多いと思われるのは、
一度、店に来てもらえさえすれば

その店のこだわりの味やサービスなら腕だけで、
勝手にリピーターになってもらえると思っている。

これが間違い。

見込み客が初めて店に訪れる場合は、
確かにお金は払ってくれるが、
無料のセミナーと参加しているのと同じような状態だ。

要は、その客は興味があったらから来てみただけで、
その後に顧客もしくはリピーターになってもらうには、
きちんとセールスをしなければならないということ。

それは単純に味や腕だけでは
中々、人の感情を動かすことはできない。
まあ、中にはそれだけでも良い人がいるかもしれないが。

整体院などでは特にそうだが、
満足してもらおうとして施術中はだまって
集中してやるのは気持ちはわかるのだが、

新規の見込み客から見れば、
会話がないのは不安で居心地が悪い。

例え症状が改善したとしても、
そんな店にまた来たいと思うだろうか?

新規を集客するときが一番のセールス時ではなく、
その見込み客が初めて店舗に足を運んでくれて、
最初に受け取ってくれる
サービスを提供する時こそが
一番のセールス時なのだ。

それには、
見込み客と話をするしかない。

話下手でもやるしかない。
一番重要なセールスポイントだから。

そういう意味で僕の通っている
ランチの店は意図してやっているとは思えないが、
ちゃんとお客さんとの関係を築いている。

もう通算で4回くらい通っているが、
店長と他1名のパートさんでやられているのだが、
そのパートさんはいつも違う人だった。

だが、どのパートさんも明るくて仕事の合間に
気さくにお客さんと会話をしている。

それを傍から見ているだけで、こっちも楽しいと思うし、
会話に加わって一緒にランチを食べれば、
美味しい料理が、より一層、美味しく感じられる。

山川晃弘