何を実現させたいのか?

184

From:山川晃弘

先日、セールスライティングのセミナーで
お知り合いになった方にお茶に誘われて、
昨日は午後から、その方に会いに行った。

その方はすでにセールスライターとして、
4年以上やられているお方で
年数だけでも十分尊敬できる人だ。

その日は同じくそのセミナーで知り合った
女性の方も同席するみたいで
どうやら起業についての相談をされたいとのこと。

その先輩ライターの方は
起業サポートなどの仕事もしているのだ。

女性が少し待ち合わせに遅れているとのことだったので
それまで、僕の方がお茶をしながら、
少し話を聞いてもらうことになった。

実は、
自分は今の生活にとても悩んでいる。

まあ、正直言うと、
意気込んで起業したはいいが、
正直、収入が安定せず、不安に思うことばかりだからだ。

今やっていることは正しいのか?
これから先は大丈夫だろうか?

といったことが不安で相談させてもらった。

聞いていただいた後に、
いただいたアドバイスというのは、

「自分は最終的に何をしたいのか?」

が明確になっていないとのこと。

金額的な目標はあっても、
それを達成して自分がどうなりたいか?
というビジョンが見えなければ、
目標達成までに具体的に何をしていけばよいのかが
わからなくなるそうだ。

とても今の自分には、
痛いところを突かれた言葉だった。

「キミは何のために今の仕事をやっているのか?」

質問をされて、はっきりと答えられない自分がいた。

また、こうも言われた。

何になりたいかと問われて、
自分がこうなりたい。
というのはだけでは原動力にならないと。

例えば、サッカーのナデシコジャパンが
数年前にW杯で優勝した時も
彼女らは被災した地方の方々を励まし、
元気付けるためにサッカーを頑張るとうたって、
そして、見事優勝したのだ。

誰かのために頑張ったのだ。

これが、自分達が頑張って優勝することで、
女子サッカーを多くの人達に知ってもらい、
有名になって、お金を稼ぎたい。

といった理由では、
優勝はできなかったかもしれない。

「誰かのために何かをしてあげたい。」

この原動力は
とてつもない力と恩恵をその人に与える。

そのことに気付かさせてもらった
とても良い機会となった。

今後もちょくちょくお会いしてくれて、
また、相談やコンサルのようなことも
していただけるという。
ありがたいことです。出会いに感謝。

人は人と会うことによって成長する。

家で勉強だけしていたり、
ノウハウを学んでいるだけでは、何も起こらない。

人と会いに行くか、
人と会うイベントを作るか。

今の現状に不満や不安があるのなら、
とにかく行動、そして人に会おう。

山川晃弘


コメントする