久しぶりに経験したこと

From:山川晃弘

先日、仕事に行こうとした時の話。

クライアントとの打ち合わせのため、
そこに向かうのにJRを使用するんだけど、
いつも使っている時間の電車に一本間に合わず、
仕方なく次の電車をホームで待っていると、
何やら東京方面の上り電車が少し遅れている様子。

どうやら、先行する特急列車が遅れているらしく、
僕が乗ろうとしている普通電車は
前の駅で停車中とのこと。

それが過ぎ去ってから目的の電車が来るみたいだ。

予定より少し遅れてるのに、
ついてないなーと思いながら、
しばらく待っていると、

ホームに特急列車が入ってきて、
通過していくのかと思ったら、
なんとホームに停車するではないか!?

あれ?
この駅は止まらないんじゃないの?

と、思って何だか嫌な予感を感じていると、
いきなりアナウンスが、、、

どうやら、この駅から2つ先の駅間の踏切で
人身事故があったとのこと。

おぉぅ。まじかよー!?

と思いながら、
少し状況確認のためにホームで待ってみるが、
10分ほどしてアナウンスで復旧は1時間程度かかる見込みとのこと。

さすがに他の手段がある状態で、
そこまでは待ってはいられないので、
やむなく他の振替輸送ルートを選択することに。

ただ、こういう時はみな同じ案内をされるので、
当然、振替電車の混み具合が半端なくなる。

平日の日中時間帯というのに、
ホームは人でごった返しており、
電車の中も寿司づめ状態。

久しぶりに満員電車のもみくちゃ事情を味わい、
毎日通勤している人ってすげぇなーと思いながら、
なんとこさ事故のあった地点を越え、
その先の駅で影響の出ていない電車に乗り換えて、
目的地に向かう。

正味、
いつもなら約1時間くらいの移動時間が、
やはり2倍の時間が掛かった。

まあ、
打ち合わせぎりぎりに家を出たわけじゃなかったので、
別に遅れはしていないのだが、
それでも向かう前から
凄く疲れる経験をしてしまった。

今回のケースは当然、仕方がないという結果だが、
やはり悔やまれるのは、
自分がいつも使っている電車を乗り過ごしたために
このような事態に巻き込まれてしまったこと。

いつも通りの電車に乗れていれば、
このような結果にはならなかったのに、、、
と思ってしまうと、やはり悔やまれる。

もしくは、先行する特急電車が遅れていなければ、、、
とも思ってしまう。
(そしたら、モロにその電車が人身事故の対象車両に
なってたかもだけど、、)

予期しないことで、
トラブルに巻き込まれるのは良くあること。

やはり不測の事態に備えて、
時間に余裕をもったスケジューリングすることが
重要だな、と思わされる教訓となった出来事だった。

山川晃弘