決して良いことばかりじゃない!?

H5系_H1編成_仙台駅入線

From:山川晃弘

 
2016年3月26日。
北海道新幹線が本日、開業した。

北海道に住む人たちにとっては、
まさに念願といえる出来事だろう。

これで現在、東京から函館までが
新幹線が繋がるようになり、
ついに北海道から九州まで
レールが繋がったことにある。

もう少しすれば、
札幌まで繋がるはずなので、
そうなれば、もっと利用客や観光客が増すことにだろう。

 
最近は新幹線が目まぐるしく
発達しているイメージがある。

福岡から九州内で
新幹線が通るようになったのも
まだ最近の感覚だし、

北陸の新幹線で
金沢までいけるようにあなったのも、まだ最近だ。

それでいて今度は北海道。

ただ、東北の在来線および
今までの東北新幹線は万年赤字だと聞く。

これを機に観光客が増え、
東北の交通が潤うといいとは思う。

 
だが、逆に影響の出るところもあるだろう。

・・・例えば、空の便。

新幹線のメリットは
やはり都市部の真ん中の駅から
すぐに乗り換えできるということにある。

対して、空港は発着の場所の確保の関係で
ほぼ、郊外にあることが一般的だ。

アクセスがしやすくなるので、
空港の国内線にとっては、
かなりの影響が出ることだろう。

 
また、若者の流出の危険もある。
都市部とアクセスしやすくなったため、
北陸同様、地方での若者離れが
目立つようになるかもしれない。

さらに、観光客が増えることによって、
地元民の生活スタイルが変わるケースもある。

金沢市での近江町市場がそうだ。

北陸新幹線の開通で観光客がどっと増えた影響で
金沢の台所とも呼ばれる近江町市場が
新鮮な魚介類に恵まれていることもあって
大賑わいしていたのは記憶に新しい。

しかし、一方で今までそこで買い物していた
地元の人はあまりの人混みでで通いづらくなり、
離れて行ってしまうケースが決して少なくない。

そこで被害を受けるのは、
主に地元民を相手に商売をしている人たちだ。
例えば、あまりお土産や食べ歩きには適さない
青果店などが上げられる。

観光客受けしない生活に直結する
店を開いている人たちにとっては、
確かに地元が賑わうのは嬉しいかもしれないが、

自分たちの顧客、特にリピーターが
来なくなってしまうのは、
致命的といっても過言ではない。

 
もし、仮に自分の店が
このような状況にされられたら、
あなたならどうするだろうか?

今までうまくいっていたことが
環境変化のせいで一気に変わってしまうことは、
決して珍しくない。

それでも、どうしたらまた成功できるか、
昔のようにお客がいっぱい来てくるかを
考えなければならないないだろう。

我々、マーケッターは常に
そういったことに目を留め、
無意識で頭で考えるようしている。

日ごろからこのような捉え方をしていれば、
その局面になった時に、
有効な考えがでやすくなるからね。

 
山川晃弘