ちょっと早いけど、この季節

flower-back1103

From:山川晃弘

 
先日、Facebookでもすでに投稿しているが、
この時期の定番と言っても良い、
桜の花見をしてきた。

今年は例年よりも1週間ほど早い。

いつもなら、学生の入学式あたりで
桜が咲いているのだが、
どうやら今年は、桜が歓迎したのは
新社会人の方だったらしい。

この早咲きは、今年の暖冬も理由にあったのかもしれないが、
ここ最近はホントに一気に暖かくなったように感じた。

ただ、週末の連休は関東地方は
2日とも残念ながら天候は曇り。

日中帯に雨が降らなかっただけマシだったが、
桜がちょうど満開だった関係もあり、
ちょっと残念ではあった。

 
ちなみにあなたは花見と言ったら、
どこを思い浮かべるだろう?

僕は出身が愛知の人間なので、
関東地区の花見は初めてだったのだが、
やはりニュースでも連日騒がれていた
上野公園が頭に浮かび、
友人と一緒に行った次第である。

まあ、上野公園自体が大々的に
桜まつりとして催していたのもあるだろう。

会場は予想通りと言うか、
昼過ぎくらいに行ったのだが、
JR上野駅の改札辺りですでに
入退場の規制が掛かっている状態だった。

公園の場所は目の前なので、
駅の辺りから混んでいても不思議はないのだが、
それにしても、なかなか凄い数だった。

幸い、花見中も
ぎゅうぎゅうのすし詰め状態ではなかったのだが、
買い食いしようとしていた屋台などの列は
案の定、長蛇の列で、
例え、食べたいものだけ並んでいたとしても、
それだけで疲れそうな感じがした。

まあ、ちょうどお昼時間帯だったというのも
要因かもしれないが。

とはいえ、
ほとんどの桜がちょうど8分咲きから満開状態の見ごろ。

当日の風もあまり無く、前日の雨にもかかわらず、
桜の花びらはほとんど落ちてはいなかったので、
ホントに見ごろの時に来たのだろうと思った。

不忍池に続く桜並木もキレイで、
両桜の下では、恒例の何時間も場所取りをしたと思われる人たちが
楽しそうに花見をしながら、食事をしていた。

不忍池周りに咲く桜も素晴らしく、
遠目から見る桜と池と都会の高層ビルのコラボは
今まであまり見ない光景だったので、
何とも鮮烈な感覚だった。

よくTVでは外国人観光客やマナーの悪い花見客が
桜の枝を掴んだり、木に登ったりしているところを
見たりしたが、別段、そんなことをしている様子も
あまり見受けられなかった。

 
他には上野からの帰り道に浜松町に行って、
東京タワーの近くにある芝公園の桜も
見に行ってきた。

大々的に桜祭りをやっているわけではなかったので、
屋台などもほとんど出ておらず、
上野比べるととても閑静な雰囲気だったが、

それでも桜が並んでいるところで、
花見客が皆、それぞれ場所を確保して
花見を楽しんでいた。

 
あなたの今年の花見はどうだっただろうか?

僕は毎年この一週間しかない貴重な時間を
とても楽しみにしている。

何と言うか、
普段はあまり花に興味のある人間ではないのだけれど、
桜を見ていると、
何だか新しいことや新しい出会いが始まりそうな予感がして、
とても元気付けられるからだ。

 
山川晃弘