まだ慌てる必要はないと思うよ、これ↓

money_kounetsuhi

From:山川晃弘

 
今日から新年度のスタートだ。

新卒にとっては今日が入社式というのも
多いことだろう。

是非、若い力で社会に貢献し、
もっと日本を良くしてほしいと思う。

 
そして、年度が変わると何だかもう
毎年の行事のようにニュースで報じられるのが、
各種の値上げ情報だ。

今年は目立ったもので言うと、
まずディズニーランドのワンデイパスポート。

4月からまた500円値上げらしく、
すでに7000円を超える状態になってしまった。
ディズニーは2015年4月でも値上げしているので、
2年連続の値上がりとなった。

また、食品では不動の人気を誇る
「ガリガリ君」も値上げになった。

こちらもアイスの方ではなく、
アイス棒の木の輸入の関係で値上がりするらしいのだが、

昔は50円で買えた商品だったのに、
今は一本、70円という形になってしまった。

子供たちの少ないお小遣いで買える
大好きな人気商品のお菓子が、
値上がりしてしまうのは、
とても気の毒だ。

首都高の料金も値上がりするらしい。

流通の料金が上がると、運送コストが上がってしまうので、
物価の上昇になってしまうという懸念が心配されている。

 
そして、今年の一番の話題は何と言っても、
「電力の自由化」だろう。

以前の記事でも、電力自由化についてのテーマで
書かせてもらったが、
今は価格.comのような比較サイトで、
自分の環境からどの電力会社がお得かを調べることができる。

新規で参入してくる会社がとても多いので、
色々と惑わされるかもしれないが、
特に慌てて調べる必要はないかもしれない。

まだ、参入準備段階になっているところもあるし、
携帯電話などの契約と同じで、
2年縛りなどのプランに申し込んでしまうと、
その前に解約などをすれば、違約金が発生するケースも出てしまうからだ。

とはいえ、変えないというのはもったいないので、
今日はTVで見た、簡単にあなたはプランを変えた方が良いのか
どうかがわかる指標をシェアしようと思う。

まずは、手元の電気料金明細を見てほしい。

そこの基本料金の下に
電気量料金として、
1段料金、2段料金、3段料金
といった形で記してあると思う。

これは、電気の使用量に応じて、
次の段階の料金体制に移行していき、
金額が増えていくというシステムだ。

なので、1人暮らしで電気使用量が少ない人は
1段料金で止まっていることも多い。

簡単に結論を言うと、電気料金だけ見れば、

1段料金の人はプラン変更すると損
2段料金の人はプラン変更してもあまり変わらない
3段料金の人はプラン変更した方が絶対得

という状態になっている。

これを目安に検討し、もう少し様子を見たり、
特典などを調べてみたりして、
自分にあった料金プランを決めてほしいと思う。

 
山川晃弘
 

PS
新年度から少し仕事が忙しくなるので、
ブログの更新頻度を週2回程度に変更します。