睡眠時間の大切さ

suimin_man

From:山川晃弘

 
先日、あるTV番組を見ていたら、
平均睡眠時間が6時間を切る人は、
平均7~8時間の睡眠を取る人に比べると、

なんと4~5倍も死亡率が跳ね上がるとの
結果が出ているという海外の調査を報告していた。

また、違う報告では、
音楽家、演奏家などの一流のプロや
スポーツなどの一流アスリート達は、

寝る間を惜しんで練習しているのかと思いきや、
睡眠時間を7~8時間きっちり取って、
起きている時にベストコンディションで
3~4時間、集中して練習しているという。

それが最も効率の良いやり方らしく、
それ以上やることには意味がないどころか、
却って逆効果になるらしい。

睡眠時間を削るなど、もってのほかだと言うのだ。

 
あなたの睡眠時間はどんな感じだろう?

ちなみに僕は自他ともに認める、中々の睡眠障害を抱えている。

寝具には相当こだわっているにも関わらず、
ちょっとの音(イビキとか夜中に走る車の音とか)でも、
寝れなかったり、途中で起きたりしてしまう。

また、どんなに疲れていても、
長時間目が覚めないということはあまりなく、
3~4時間くらいで必ず一度、目が覚めてしまう。

そうなると、後はうなされながら、
大体6時間切るくらいの平均睡眠時間になっていたのだ。

それが習慣に近い形になっていたのだが、
やはり体には良くないというのが、
ここ最近は、仕事柄か年のせいなのか、
身に染みて分かるようになってきた。

 
僕はセールスコピーライターなので、
書くことが仕事なのだが、
実は書くことには、ものすごくエネルギーが必要になる。

なので、一番体力やエネルギーがある
朝一もしくは午前中に書くようにしているのだが、

当然なのだが、睡眠不足だと寝起きだろうが、
頭は上手く働かず集中力も散漫になっている。

酷い時には、寝起きから疲れ切っていて
手が付けれらないことすらある。

先日、メンターの方に言われて、
どんなに忙しい中でも
「睡眠時間だけは7~8時間は取れ」

と言われ、
可能な限り守るようにはしていたが、
それでも平均は7時間を切っていたと思う。

 
なんでこんな話をしたかというと、
実は今日は朝から、今持っているコピーの仕事の
ライティング作業と決めていたので、

久しぶりに今朝は、
無理矢理にでも体を8時間横にしてから、
起きてみたのだが、今朝は頭の働きが
いつもと違っているのがわかったのだ。

頭の働きもそうだが、やっぱり体の方も楽で、
今日はとても仕事がはかどった一日となった。

相変わらず、途中で何度か目は覚めていたのだが、
それでも体を横にするだけでも意味はあった。

加えて睡眠の黄金時間と言われる、
22時から2時までの4時間の間に
どれだけ寝られたかによって睡眠の質が違うと言うのも
体感して本当に重要なことだと思っている。

わかってはいるのだが、
やはり生活をしていると必ず守れる日は少ない。

 
あなたも睡眠時間が足りておらず、
ちょっとでも調子が悪い兆候が見えれば、
せめて、大切なことや重要なことを翌日に控えている日は、
体を横にして寝ている時間を増やそう。

やっぱりそれだけで、相当体は楽になるし、
結局はその後に仕事をした方が、
とても効率の良い仕事ができる。

少なくとも、僕はマジで実感できている。

睡眠ってやっぱり大事…。
時間だけ聞くともったいない気がする(少なくとも僕は)が、
一日の3分の1は睡眠に費やそう。

健康にも仕事にも良い影響を与えるから。

 
≪感動する成果を実現するパートナー≫

パートナーシップアドバイザー
セールスコピーライター

山川晃弘