今年の夏は違う意味で熱い!!

lgi01b201501080000

From:山川晃弘

 
今日もリオ五輪ネタ。
最近、ニュースばっかりで人によっては、
そんなの知ってるよ!ネタばかりで申し訳ない(^^;

日本のメダルラッシュが止まらない。

特に昨日は凄かった。

卓球の男子団体が3つの銀メダルと
何といっても、女子レスリングが

48kg級で登坂選手
58kg級で伊調選手
69kg級で土佐選手

と3階級で金メダルという大金星を挙げた。
何という強さだ!

本日は吉田沙保里選手の4連覇も掛かっている。
期待に胸膨らむ内容だ。

彼女のTwitterでつぶやかれたセリフも
恰好良すぎて痺れる内容だった。

その前では2大会ぶりに
女子のシンクロナイズドスイミングデュエットで
乾選手と三井選手のペアが銅メダル。

体操の白井選手も跳馬で
新技の3回転半ひねりを成功させて銅メダル。

そして、錦織選手が男子テニスで
世界ランク格上のナダル選手をやぶって、
96年ぶりとなるメダル(銅)を獲得。

と、数え出したらキリがないくらいの
大健闘をしてくれている。

観戦している我々にとっては、
毎日が何とも刺激的で
ついつい夜更かししすぎたりするという違う意味で大変だ(笑)

 
だが、開催前は練習中に停電や
選手村での設備の不具合など
プレイが心配される要素が多かった。

また、原油価格の下落などによって
危機的な財政状況にある開催国のブラジル。

リオデジャネイロでは
公務員である警察官や消防士の給与未払いが発生し、
安全を保証をしないというストライキ・デモまで起きている。

リオ五輪観戦者の一般客を
公務員が抗議デモとして空港で出迎える
「Welcome to hell (地獄へようこそ)」
は衝撃的であった。

プレイ中継を見ていても、
いつもなら満席となる
観客席が結構、観戦者の入りがまばらだったりする。

地元住民の信頼や関心も低く、
中には「2度と開催しないでほしい。」
という悲しい声も上がっている。

 
オリンピックを招致すれば、
やはり色々な問題を抱える。

それらは必ず経済に負担を与えるケースが多い。

過去にも、開催国でのオリンピック場跡の
維持や管理の問題などで
経済的な負担を強いられている国は多い。

それらを見越して、開催後の施設をどうするかまで
検討されているのが普通だが、

今回の件を見るに、リオデジャネイロでは
経済的な面と地域活性化と言う意味では
逆効果になってしまう結果となりそうだ。

 
次回の日本の場合、
多分、開催中の経済効果は大きいと予想できる。

元々、国民的にも関心を持つ人が多いので、
観客席もまばらということはあまりなく、
また盛り上がりもするだろう。

そして、外国人の観光客が増え、
各地で恩恵も得られることも予想される。

だが、しっかり対策もしておかないと、
今回の二の舞になってしまう気もする。

開催前の準備もしかり、開催後の場所の問題や、
経済落差などが深刻な状況を及ぼさなければ良いのだが…。

違う意味で不安は残る。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
プロセレクション出版
【結果に責任を持つスペシャリスト】

パートナーシップアドバイザー
セールスコピーライター

山川晃弘