栄華を極めた人

lgi01a201308182100

From:山川晃弘

 
今日からついに8月。
7月の頭の方は結構暑い日が始まっていたので、
このまま7月から猛暑が続くのかと思いきや、
意外にも例年より、むしろ体感は涼しいくらい。

今年はお盆明け以降に暑さが残るらしく、
去年とは逆転して9月以降に残暑として続くそうだ。

個人的には暑さが苦手なので、
さっさと始まってさっさと終わってほしいのだが、、、

とはいえ、ビールも美味い季節なので、
そんなに早くも終わってほしくないという
矛盾を思ってしまう今日この頃。。。

 
ちなみに昨日は前々から大注目となっていた
東京都知事選だった。

前任の舛添要一氏が伊勢志摩サミットあたりから
矢面となった政治資金問題からあっという間に辞任になり、
そして今回の都知事選が行われたわけだが、

今回、史上最多と言われる21人もの立候補者を名乗り出たが、
最終的な有力候補はすでに3人くらいにまで絞り込まれていた。

その中でついに31日に開票され、
元防衛省の小池百合子氏が
元総務相の増田氏とジャーナリストの鳥越氏らを
大差で破り、初当選を果たした。
(20時過ぎの出口調査で当確になってたし…)

初の女性都知事の誕生である。

小池氏が所属する自民党は増田氏推薦しており、
実際のところ分裂選挙の状態となっており、
野党側も統一候補として鳥越氏を擁立していたが、
有権者は政党の支援を受けない小池氏を選んだというわけだ。

単純に認知度もあったかもしれないが、、、

まあ、個人的に尖閣諸島を中国に明け渡してしまえば良いと
売国奴のようなことを言ってた誰かさんが当選しなかっただけでも
良かったと思っているが。

前都知事が3代続けて任期途中の辞任をしており、
待機児童問題や東京五輪の問題などに
有効な対策がちっとも講じられていない。

先日の参議院議員と同じく
同党の小池氏が当選したのだから
揉めずにさっさと色々な問題の対策に出て欲しいと個人的には思っている。
(また内部でも色々ありそうな気がするが…)

 
それと並行して昨日は個人的にびっくりした
ニュースに元横綱千代の富士の九重親方の訃報がある。

61歳という何とも若すぎる形で
やはり、この方もすい臓がんで亡くなられた。

千代の富士関といえば僕が本当に小さい頃に相撲を見ていた時に、
どうしてこんなに小さな体の人が
あなん大きな力士たちを打ち負かせるのだろうと
不思議に思ったくらいの凄い人だった印象を覚えている。

特に千代の富士と曙の試合は傍から見ていて
体格差がありすぎで、何だ、これ?と思っていたのだが、
それでもTVなどでかっこよく勝っている姿を見ると
まさに子供にとってヒーローのような存在だった。

特に千代の富士の優勝が決まった
北の湖との一戦は最高瞬間視聴率が65%を超え、
現在でも大相撲中継の最高記録となっている。

まさに全盛期をしょって立った人だった。

過去31回もの優勝、1000勝到達など、
数々の武勲を挙げたそんなヒーローでも
癌には勝てなかったということか。

 
日本人の2人に1人は癌で亡くなっている。

この事実を聞くと、これだけ色々なものが発達し、
医療も発達していても、それでも癌の特効薬は開発されていない。

そして、いつも聞くのは時の栄華を掲げた人が亡くなる
死因の最も多い症状であり、そしてそれが現実である。

自分も半分の確率で、
いつか癌になるかもしれないと思うと、
何ともやりきれない気持ちになる。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
プロセレクション出版
【結果に責任を持つスペシャリスト】

パートナーシップアドバイザー
セールスコピーライター

山川晃弘