古き良き時代

gi01a201503180100

From:山川晃弘

 
任天堂が11月10日、
ファミリーコンピュータ通称(ファミコン)の
本体サイズを約60%縮小した手のひらサイズの
『ニンテンドークラッシックミニ ファミリーコンピュータ』
を発売するそうだ。

当時のデザインを踏襲した作りになっており、
名作30タイトルを内部に収録して、価格は5980円。

ファミコンは長いゲーム機の歴史の中でも
一番最初に全国的に大ヒットとなった家庭用ゲーム機で
1983年に発売された。

当時はマリオやゼルダ、ドンキーコングなどが
過程で遊べるということで人気を博し、
世界中で6000万台以上も売り上げたらしい。

さすがに接続は当時などと違い、
USBケーブルをUSB電源供給危機やUSB口のACアダプターなどから
電源を供給し、HDMIケーブルでテレビのモニターに接続すると、
収録されている30タイトルのゲームが遊べるということだ。

コントローラーも当時と同じく、
本体につながったものを使用し、
同時に2人による対戦や協力プレイなんかも可能。

収録タイトルは、

「マリオブラザーズ」「ドンキーコング」「ゼルダの伝説」
「アイスクライマー」「魔界村」「グラディウス」
「ダウンタウン熱血行進曲 それゆけ大運動会」
「ファイナルファンタジーⅢ」「エキサイトバイク」
「ロックマン2 Dr.ワイリーの謎」「悪魔城ドラキュラ」
「星のカービィ 夢の泉の物語」 などなど

実に様々なジャンルも豊富で、

僕らのような30代、
もしくはその上の40代の人たちにとって、
昔、一度はプレイしたことあるような
懐かしくて大人気だった有名タイトルばかりの内容だ。

コメントの声なども
普段、ゲームをあまりやらない人でも
あまりに懐かしいタイトルがリーズナブルな価格で、
ダウンロードではなく当時のコントローラーなどを使って、
2人対戦などもできるとあって期待は上々だ。

残念ながら、
当時のカセットをさせるわけでもなく、
ダウンロードしてコンテンツを追加させていくこともできないが、
価格と機能から考えると妥当ではないだろうか?

 
最近はこういった古き良き商品の
復活などの話をよく耳にする。

思いついたもので言えば、
富士フィルムから発売されている「写ルンです」
なんかもそうだ。

ただ、「写ルンです」はどちらかというと
発売当時によく使用していた層よりも
今、若者の間で人気を博しているらしい。

「写ルンです」はインスタントカメラや使い捨てカメラと
思われがちだが、正式にはレンズ付きフィルムと呼ばれるもの。

「写ルンです」で撮れていた写真は、
実際に見ていた色合いよりちょっと濃いような、
ドラマティックな感じの写真が撮れたりする。

今のスマホは、キレイにクッキリと
見たままを保存でき、すぐにでも確認して、
修正や加工などもできるが、

「写ルンです」は現像するまでの楽しみがあり、
上手に撮れた場合は加工後のオシャレな感じが
自然に出すことができ、SNSなどにアップすると
いいね!などの高評価をもらえるらしい。

 
昔、人気を博したものを、
もう一度復活させたり、
他のメディアや媒体などに
再展開する方法はとても有効だ。

「クラシックミニファミコン」のように、
当時を懐かしんだ層が再燃する予感や、
「写ルンです」のように、
全く違う若い層が反応をして再燃することもある。

昔、人気があったが次第に下火になり、
今はもう見向きもされない…なんてことはない。

人は感情によってモノを買うので、
昔の思い出に触れるという意味も含めて、
十分、売れる要素はあるのだ。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
プロセレクション出版
【結果に責任を持つスペシャリスト】

パートナーシップアドバイザー
セールスコピーライター

山川晃弘