歴史に刻まれる日

lgf01a201307072300

From:山川晃弘

 
昨日は9月11日。
過去に色々な出来事が起こった節目となる日であった。

その中でも、もっとも有名なのは、
あなたもご存じだと思うが、2001年9月11日の
アメリカのニューヨークでの同時多発テロだ。

マサチューセッツ州ボストン、バージニア州ダレス(ワシントンD.C.近郊)、
ニュージャージー州ニューアークを発った4機の旅客機が、
モハメド・アタを中心とするアラブ系のグループによって
ほぼ同時にハイジャックされた事件である。

中でも衝撃的だったのが、
その4機のうちの2機がニューヨークにある
世界貿易センタービル・ツインタワーに次々と激突した。

1機目の激突が当初、事故だと思われていて、
その中継中に2機目が激突して、
テロと分かった瞬間の映像は、まさに世界中の人を震撼させた。

この事故で、乗員乗客は全員死亡、
そのうえ、激突した階とその上の階にいた人たちは
階段などが崩れて逃げることができず、
火災や煙に巻き込まれたり、
絶望の末、90階以上から飛び降りた人が後を絶たなかった。

特に被害のひどかった北棟だけで、
死者は1700人以上、4機による合計は
加害者側も含めて死者は合計2973人にものぼった。

航空機が使用された史上最大規模のテロ事件であり、
全世界に衝撃を与え、その後、アメリカ軍が報復として
アフガニスタン紛争、イラク戦争へと発展してしまった痛ましい事件である。

その事故から早15年。
あれから世界中でテロに対して意識が高まっているが、
それでもテロは無くならず、世界各地で起こっている報道を耳にすると
何とも沈痛な思いになる。

犠牲になった人たちに改めてご冥福をお祈りしたい。

 
9月11日というと自分の中で、
もう一つ衝撃的な出来事がある。

9月と言うのは日本で一番台風が発生しやすく、
また気圧配置の影響で日本を最も縦横断する月だ。

その当時の台風14号の影響で、
2000年の9月11日から12日に掛けて
愛知県名古屋市とその周辺に起こった豪雨災害。

気象庁の命名ではないが、俗にいう
「東海豪雨」という出来事があった。

僕は愛知県の名古屋市周辺出身なのだが、
この時は、僕は大学生で愛知県から離れており、
TVでニュースを見て、自分の住んでいた周辺の
地域が沈んでいたのは、まさに衝撃的だった。

名古屋市では11日の日降水量が、平年の9月の月降水量の2倍となる428ミリとなり、
2日間の合計降水量が567ミリに達した。

家族から聞いた話では、まさにバケツから水を
ひっくり返した状態が常に続いた程の雨の強さだったらしく、
本当に怖かったらしい。

僕の住んでいたところの南にある川も
堤防が決壊し、濁流がその地域に流れ込んだ。

もし、これが川を挟んで反対側だったら、
間違いなく僕の実家も被害に合っていたことだろう。

とはいえ、知っている隣接する市町村が被害を受けていたため、
知り合いが被害にもあっているし、
あまり思い出したくないが、
僕の学生時代の後輩も、この時に亡くしている。

こちらも16年経った今でも、
当時を経験した人たちにとって深い傷痕を残している。

 
そして、2011年3月11日の東日本大震災から
まる半年、5年半の節目でもある9月11日。

こちらは原発の問題も含めて、
未だに生々しい傷痕が残ったままだ。

一刻も早い復興が節目の度に思い起こされる。

 
以上、3つの出来事を取り上げたが、
2つ目の豪雨については、つい先日も
北海道、東北地方で甚大な被害を与えている。

「9月は1年で一番台風の被害が多い月だ。」
このことを頭に入れて、
他人ごとではなく明日は我が身と思って、

地震の対策だけでなく、台風のための準備も怠ることなく、
情報をしっかりと入手して、
避難勧告などが出たら、無理せず指示に従って、自分の身を守ってほしい。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
プロセレクション出版
【結果に責任を持つスペシャリスト】

パートナーシップアドバイザー
セールスコピーライター

山川晃弘


コメントする