利益を2倍にするには売上は何倍にしなければいけないか?

gatag-00005929

From:山川晃弘

 
今日は、先日参加してきたセミナーで
マーケティングに関することで
あなたがもしかしたら気付いていないかもしれないことを
学んできたので、それを簡単にシェアしたいと思う。

正確にはノウハウがどうこうではなく、
本日のタイトル通り、ただの事実を再確認するだけだ。

さて、本題に入ろう。
単純に考えると、

『利益を2倍にしたいなら、売上を2倍にしなければならない』

と思うかもしれないが、実は違う。

ここでは、具体的な数字を入れて見ていこう。

 
まず、とある会社Aがあったとする。

この会社Aの年間売上は5000万円。
これに仕入れの原価などの
変動費が40%常に掛かるとすると
変動費は2000万円になる。

売上-原価=粗利なので、
5000万円-2000万円で3000万が粗利。

ここから、社員の給料である人件費や
店舗やテナントなどの家賃、水道光熱費のような
固定費が2400万円掛かったとする。

3000万円-2400万円で600万円。

この600万円が損益計算上の利益だ。

これを2倍にしたいので、
600万円×2で1200万円が望む数字だ。

今度は売上を見たいので、これを逆算していくと、
まずは固定費はその名の通り
固定費なので変わらずに2400万円掛かる。

利益+固定費=粗利になるので、
1200万円+2400万円で3600万円が粗利となる。

変動費は40%掛かると定義しているので、
3600万円が60%分だとすると、
変動費は40%なので2400万円掛かる計算になる。

売上=変動費+粗利になるので、
3600万円と2400万円を合わせた6000万円が売上となる。

ここで対比すると、今回の場合、
利益を600万円から1200万円の倍にしたいなら、
売上を5000万円から6000万円にすれば良いことになるので、

結論を言うと、

「利益を2倍にしたいなら、売上は20%上げれば良い」

ということになる。

 
この本質をすでに理解している人なら問題ないが、
売上の方が全合計だけなので、計算が楽だし、
人に自慢される時に大きな数字が言えるというのもあり、

ついつい売上の数字だけをどうこうと考えてしまうが、
蓋を開けてみれば、
利益を倍にするのに、売上は20%アップするだけというのがわかる。

あなたが欲しいのは売上ではなく利益だろう。

例え、売上が1億円だとしても、
変動費や固定費が1億円掛かったら、
利益は何にも残らない。

これだけに限らず、日本の会社の70%は赤字
という統計の取れた数字も存在するため、
現実はもっとシビアだ。

売上を上げるために、事業を拡大して
人を雇うという手があるが、
考えなしに人を雇うだけでは固定費が上がるだけで、
売上自体が上がるわけではない。

売上には単純な計算式がある。

今日はそこまでは話さないが、
まずはこちらの努力をしていかないと、
利益はいつまで経っても上がらないだろう。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
プロセレクション出版
【結果に責任を持つスペシャリスト】

パートナーシップアドバイザー
セールスコピーライター

山川晃弘


コメントする