この話題に乗っかります

From:山川晃弘

 
さすがにこの話題で盛り上がっている。

1月20日、ついにトランプ氏が
米大統領に就任した。

傍から見ていると、
何となく選挙の時のような
過激発言は少し成りを潜めているようにも
見えなくもないが、

マスコミは企業を狙い撃ちにして
批判する”口先介入”
続く見通しだとしており、
特に日系企業は戦々恐々としていることだろう。

それは、まずは僕の実家でもある
愛知県のトヨタ自動車が標的になったのは
ある意味有名だからだ。

次あたりの標的は隣接しているメキシコに
進出している自動車メーカー全般だろうか?

トランプ氏は兼ねてから、
製造業の国内回帰による雇用の回復を
方針として掲げているので、
国内での生産が重要視されているように見える。

とはいえ、米国内では雇用費も高く、
土地なども高くて、
なかなか工場を置けないので、

メキシコなどに進出する
多国籍企業も多いのだが、

実際に生産されても、
これらが輸出される際に
米国へ関税が大幅に掛けられるようでは、
メーカー大きな痛手となる。

トランプ氏の性格だと、
果てはメキシコからの輸入すら認めない
とか言い出しそうだ。

 
僕も昔はトヨタ傘下の会社で
働いていた経験があるのでわかるが、
米国の市場規模はでかい。

実際に大手自動車メーカーは、
総じて米国を最重要市場として位置付けており、

実際に2015年にメキシコから
輸出された自動車のうち、
実に75%は米国向けとのことだ。

そして、望まなくてもそのシワ寄せは
下請けの部品メーカーにまで響くことだろう。

なので、トヨタや日産が標的となって、
メキシコでの減産を迫れれば、
たちまち下請けの資材や部品メーカーにまで
その影響が及ぶ。

日系企業がトランプ口撃に
怖気づいてしまうのは、仕方のないことだろう。

そして、そのシワ寄せは
まわりまわって僕たちに確実に何らかの
形で影響を及ぼすに違いない。

特に消費の低迷という形で。

 
また、昨日のニュースでも
就任2日目にして、
ワシントンDCでは現地の人による
大規模なデモができていた。

トランプ氏の過激発言には、
人種差別のようなものも含まれているからだ。

徹底した原点回帰は、
人種すらも白人しか認めないというところまで
行くのではないかと危惧しているわけだ。

昔は州などの法で
米国人は白人以外とは結婚してはならない
という法律もあったらしい。

ハーフや日系の人にとっては、
差別が戻ってしまうかもしれないと
気が気でならないことだろう。

 
世界各地で色々な意味で話題になっている
トランプ氏。

はたして、

名大統領となるのか、
迷大統領となるのか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【忙しい社長はなぜ儲からないのか?】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
働く時間を半分にしても
会社が成長し続ける仕組みを作る
「3つの掛け算」

※明日からすぐ使える!?その秘密のノウハウを公開します!!

あなたは、忙しい割りに
いつまで経っても売上が安定しない、増えない、
といった悩みや不満をお持ちではないでしょうか?

実はその要因となってしまう理由は
安定化させる『仕組み』がないために起こっているのです。

この『仕組み』があれば、
あなたのビジネスを着実に右肩上がりにし、
リピート客を増やし、
会社の規模を10倍にも拡張することができます。

…しかも、あなたの働く時間を半分にして。

▼その秘密の『仕組み』を知りたい方は他にいませんか?

http://shukyaku-daiko.net/prospered/lp/

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
プロスパード
【あなたの『0→1』にする右腕アドバイザー】

※2017年1月より名前が変更になりました
(旧:プロセレクション出版)

マーケティングアドバイザー
売れる広告文プロデューサー
セミナー講師

山川晃弘