あなたはこの5つのうち、どれ?

From:山川晃弘

 

先日もまた招待を受けて、
自己啓発に近い、
起業・マインド系のセミナーに参加してきた。

どちらかというと
精神論に近いのだけど、

思わず考えさせられちゃったので、
今日はその内容を少しシェアしようと思う。

 

いきなりで申し訳ないけど、
あなたは

『自分の人生をどのように生きたいか』

と考えたことはあるだろうか?

ざっくりというのであれば、
人生には5つの生き方しかない

それは、

  1.  他人や社会に迷惑を掛けて生きる
  2.  個人や家族など身近な人と一緒に不幸に生きる
  3.  可もなく不可もなく普通に生きる
  4.  コミュニティの中で感謝されて楽しく生きる
  5.  社会に貢献して豊かな人生を生きる

あなたは今、どの生き方だろうか?

そして、どの生き方をしたいだろうか?

 

以前の記事にも書いたが、
これらはすべて、
人生の「目的」となるものだ。

以前、使った言葉で言うなら
「最深欲求」となるもの。

番号が多い生き方になるほど、
他人に貢献した生き方だ。

しかし、人の幸せは人それぞれである。

3の内容で何事もなく
普通に生きていくのも、
また一つの幸せとして、とても良いと思う。

ただ、世の中の成功者は
基本的には5の目的または使命感で
人生を生きているため、結果、成功している。

僕も3で生きることに
特に文句をいう訳でもないし、
むしろそれでも良いと思っている。

だが、5を見つけることができて、
自分がたとえ明日死んだとしてもやり遂げる、
血反吐を吐いてでもやり続ける、

そんな人生を送ることが出来たら、
最高に素晴らしく、

その目的を見つけられること自体が
最高の人生なのではないか?
と考えさせられるのだ。

 

ノーベル生理学・医学賞を
受賞された大村智氏も
記者会見でおっしゃっていた
世の中には、名言がある。

それは、

  • 金を残すは「下」(三流)
  • 名を残すは「中」(二流)
  • 人を残すは「上」(一流)

という名言だ。

さあ、あなたは自分の望んだ
「人生」をはたして生きているだろうか?

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
プロスパード
【あなたの『0→1』にする右腕アドバイザー】

マーケティングアドバイザー
売れる広告文プロデューサー
セミナー講師

山川晃弘