こんなのもデジタル化される時代

From:山川晃弘

 
最近は、何でもかんでも
電子化・アプリ化いうのが
流行りではないだろうか?

まあ、確かに電子化することは
使いやすいし、収納しなくても良いという
他にもたくさんのメリットがある。

駅の改札やコンビニなどで使える
『Suica』も『モバイルSuica』として
利用されており、

最近では、android端末だけでなく、
Appleアプリでも使えるようになった

クレジットカードなども
とっくに電子化されており、
お財布携帯なんかもある。

他にもホームページの代わりとか
手帳とか電子書籍とか
数え出したらキリがないが、

ちょっと面白いと思ったのが、
今ではこんなのも電子化されるようになった。

 
僕らが店舗さんをコンサルする際、
一番最初に考えることは
どうやって、お客さんにまた
再来店してもらえるかを考える。

そして、
その時のツールで有効な手段の一つとして
ポイントカードがあるが、

それもすでに電子化の
取り組みがされているのだ。

ちなみに、
ポイントカードの役割で一番難しいことは
何だかわかるだろうか?

それは、
お客さんのお財布の中に
ずっと入れ続けてもらうこと

要は色々なところの
会員証やらポイントカードなどを
財布に入れておけば、

当然、財布はどんどん厚みを増し、
重たくなってくる。

収納するスペースにも限りがある。

そして、ポイントカードは立場上、
クレジットカードや
銀行などのキャッシュカード、
運転免許証などよりも
所持していなければならない優先度は落ちる。

なので、頻繁に使うもの以外は
カードフォルダーなどの
別なものに入れられてしまい、

必要なときに取り出すという
使い方になってしまう。

だが、それは出掛け先で
突発的にその店に行きたいとか
行く機会ができてしまっても、

カードフォルダーを持ち歩いていなければ、
ポイントカードが手元にない
という事態に陥ってしまい、

最悪なのが、
今日はポイントカードを持ってないから、

「また今度でいいか…」

という結論に達してしまうと、
お客さんを取りこぼす結果になってしまうのだ。

それでは当初の目的である
お客さんの再来店を促す販促ツールとしての
役割を全うするどころか、

却って足を引っ張っている
ツールとなってしまうわけだ。

ついでにカードフォルダーの中の
カードが多くなってくると、
探すのも面倒になってくる。

 
そこに目を付けた凄い会社がある。

このポイントカードを電子化して
アプリ内で管理すれば、

それこそ何百枚もあるカードを
持ち歩く必要はないし、

例え何百枚あったとしても、
良く使うもの、お気に入りのもの
などで管理も簡単にできる

 
今回、そのアプリの話をしようと
思ってたのだけど、
気付いたら文章が長くなってたので、

次回はそのアプリについて、
より詳しく話したいと思う。

でも、実はこのアプリが凄いのは、
ユーザー側へのメリットよりも
むしろ、
それを取り扱う店側のメリットの方が
大きかったりするのだ。

 
お楽しみに。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
プロスパード
【あなたのビジネスと暮らしを繁栄させる】

健康アドバイザー
売れる広告文作成
集客コンサルタント・セミナー講師

山川晃弘