地球滅亡説

From:山川晃弘

 
あなたは、
2017年9月23日の「地球滅亡説」は知ってるだろうか?

「惑星X」が地球に衝突して人類は滅亡する-

と噂話が広まってしまったために
何とNASAまでもが火消しする事態に発展してしまった。

ちなみに科学的根拠はまったくないそうだ。

 
その発端となるものとして、

聖書の「黙示録」第12章には、

「天に大きなしるしが現れた。
ひとりの女が身に太陽をまとい、
月を足の下にし、
頭には十二の星の冠をかぶっていた」

と記されている。

そして、2017年9月23日こそ、
大乙女座のなかで、惑星と恒星の直列が
実現するのだという。

月はまさに乙女座の下を通り、
人型の上部は水星、金星、火星、
さらには獅子座の最も明るい9つの星により
囲まれることになる。

また旧約聖書「イザヤ書」第13章では、

「見よ、主の日が来る。
残忍な、怒りと憤りの日が。
大地を荒廃させ、
そこから罪人を絶つために。

天の諸々の星と
その星座は光を放たず、
太陽は昇っても闇に閉ざされ、
月も光を輝かさない」

と、ある予言が述べている。

これがミードと信者達が述べる
終末(アポカリプス)が差し掛かっていることであり、

伝説的な「惑星X」が地球に衝突し、
衝撃は地震と津波を引き起こし、
あらゆる生命体を消滅させるだろうー

とミードが書いた
『惑星X-2017年到来』で読みことが出来る。

 
何とも魅力的な物語だが、科学的根拠は何もない

だが、この「9月23日の地球滅亡説」が
ネット上で広まってしまったために、

米航空宇宙局(NASA)が
火消しの為に介入する事態にまでなったそうだ。

この「惑星X」の存在が、
どれほど蓋然性(がいぜんせい)に
乏しい仮説であるかを
説明しなければならなくなったのだ。

例え地球に衝突する可能性のある
天体が存在したとして、

巨大でそれほど近くにありながら、
あらゆる宇宙観測システムを免れている
ことはありえない、と。

 
1999年にも2012年にも
ノストラダムスの
似たようなことが出回っており、
何らかの形で話題になっている。

「地球滅亡説」は、
人の興味を刺激する言葉なのだろうか?

だが、今のきな臭い
北朝鮮とそれを取り巻く世界情勢を見ると、

年内に戦争が起こるともささやかれ、
ある意味、核戦争による地球内部での
「地球滅亡説」の方が余程、現実的だ

日本人も基本お気楽思考なので、
戦争を経験しておらず、

かつアメリカに守ってもらえていると
勘違いしているので、
何の心配もなく過ぎていくと思っている。

戦争に常識など通じず、
ある日突然、理不尽な悲劇が
生み出されるというのに…

とはいえ、心配したところで
何もできないのも、また事実だ。。。
 

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
プロスパード
【あなたのビジネスと暮らしを繁栄させる】

健康アドバイザー
売れる広告文作成
集客コンサルタント・セミナー講師

山川晃弘