日本で一番デカい文化祭

From:山川晃弘

 
Facebookにも記事として挙げたが、
先週末のちょうど3連休だった内の
11/4(土)と11/5(日)に

ちょっとした縁から
早稲田大学の文化祭「早大祭」に参加していた。
(参加したのは4日の日だけ)

文化祭なる行事に参加するのは、
自分が大学生の頃からなので、
実に10年以上ぶりとなるわけだが、

・・・さすが、私立の有名大学。

規模も質も、
来場するお客の数も
自分の大学時代の文化祭とは
比べ物にならないくらい半端なかった。

 
ホームページを見てみると、
来場者数は2日間で実に18万人を越え、
参加団体数は約400団体、企画数は約450企画。

大学の学園祭としては、日本で最大規模

1日あたりの来場者数としては最多だそうだ。

これは、
お盆や年末にビックサイトで行われている
『コミックマーケット』の1日の来場者数に匹敵し、

ディズニーリゾートで言うなら
1日の来場者数が7万人を超えると
入場制限の掛かる
いわゆる超満員と言われるレベルらしいので、

これが、
とんでもない規模だというのは、
想像に難くないだろう。

ただ、大学当局は、
あくまで学生の主催であり、

大学の公式行事ではない
という立場を(形式的に)とり、
大学からの出資などは一切行っていないらしい。

したがって、3000万円を超える早稲田祭予算は、
早稲田祭運営スタッフの渉外活動や
参加団体の参加費などで賄われている。

 
これだけの規模の文化祭に参加して、
仕事柄、思ってしまうのは、
なぜ、これだけの集客力があるのか?ということ。

まあ、単純にまずは大学の知名度と
大学の歴史がものを言っているのは
間違いないだろう。

また、東京のど真ん中でアクセスも
悪くないという立地の面もあるだろう。

また、早稲田は私立の大学であり、
大学の文化祭は一般開放されているので、

これを機に、受験志望者などに
構内を体験してもらったり、
試験の対策などを先輩方から
教えてもらえたり、という
双方のメリットもあると考えられる。

だから本来であれば、
大学側も文化祭には力を入れるはずなのだが、
上記のような状態にもかかわらず、

この規模の文化祭を実行できるのは、
運営の学生たちが凄いの一言で片づけるのは
失礼かと思うぐらいの
とんでもないレベルなのである。

 
まあ、とにかく参加した感想としては、

野外ステージは
これからプロのライブでもやるのか、
というくらいの音響設備を備えていたし、

大隈講堂を解放されての
弦楽器主体の交響楽団の演奏なども行われていた。

屋台ブースでは学生の子たちが、
慣れていないとは思えないほど、
積極的な売り子に励んでいたし、

プロ、アマチュアを問わず、
他の号館の前の野外ステージでも
アイドルのダンスやパフォーマンス、
漫才、トークショーなどで大盛り上がりだった。

また、パンフレットに記載があったが、
有名な俳優、芸人、声優などの
豪華なキャストも呼んでいたりと、
学生の学園祭レベルを軽くこえていたりした。

 
これらの規模とレベルが、
来年以降も噂や評判を呼び、
どんどん来場者数を増やしていっているのだろう。

来年になってしまうが、
あなたも機会があったら、
是非、この若いエネルギーが溢れる文化祭を体験してみて欲しい。

老若男女、子連れを問わず、
色んな人が参加していたので、
誰が参加しても、まったく違和感はないよ。

 
P.S.

デジタルアート制作のサークルで
体験ゲームコーナーをやってたけど、

そこで幼女が、
体験版のギャルゲーをプレイしてたのが、
とてもシュールでした(笑)

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
プロスパード
【あなたのビジネスと暮らしを繁栄させる】

健康アドバイザー
売れる広告文作成
集客コンサルタント・セミナー講師

山川晃弘


コメントする