年賀状が届かない…!?

From:山川晃弘

 
早いものでもう12月。
今年も残すところ後1カ月を切ってしまった。

そして、この時期になると
ボーナスやらクリスマスやらで
色々なイベントがあるが、

その中でも、
そろそろやらないとなー、と
考えだすのが『年賀状』

しかし、その年賀状だが、
2018年分は注意して投函しないと
年賀状が届かないケースがあるそうだ。

 
すでにお気付きだと思うが、
2017年の6月より、
はがきの郵便料金が
52円から62円に値上げされた

理由は、
日本郵政の収益低迷のための措置だが、

年賀はがき(表面に『年賀』と朱記された私製はがき)は
52円に据え置いている

これは一定期間にまとめて配達できることから、
通常のはがきよりも人件費が抑えられ、
採算が取れるとの判断からだそうだ。

ただ、日本郵便発行の
年賀はがきは時期に限らず
通常はがきとしても使用できる。

これだと、年賀はがきを使えば、
普通のはがきとしていつでも
52円で送れてしまう。

そのため、18年分に関しては、
52円で送ることができる「有効期間」を設定しているのだ。

この対策は、
年賀はがきを大量に買い込んで、
日常の用途に利用するケースを防ぐためだ。

結論を言うと、上記の状況下より、
年賀はがきが従来の52円で送れるのは、

『2018年12月15日~2019年1月7日』までの投函分

となっている。

この時期より
早すぎても遅すぎても
10円の料金不足が生じるため、

届かずに戻ってくるか、
送り先が不足分を請求される事態となる。

原則、今年の14日までや
来年の1月8日以降に投函した分は
通常はがきとして取り扱われるため、

差出人の住所地を管轄する
郵便局内のポストに投函された場合は
差出人に戻ってくるが、

勤務先や出張先、旅行先など
遠方の管轄外での投函だとそのまま配達され、

後から送り先に不足料金を請求するのが
一般的なルールとなっている。

知らずに投函するととんでもないことになり、
値段差も1枚あたり10円なので、

毎年大量に送る人にとっては、
金銭面でも意外と只事ではなくなってくる。

しかし、18年の年賀はがきだけは
特別対応を取られるようで、

投函場所に関わらず遅めの返信が見込まれる
『1月8日~1月15日』の期間に限り
差出人に返却される方針だそうだ。

新年を祝うはがきに
後から請求するのは無粋と判断したみたいだ。

 
しかし、郵便局ではチラシを配ったり、
ポスターを貼るなどして
周知を心掛けているそうだが、

それでも一定数は料金不足のはがきが出てきて、
請求するケースは出てくることだろう。

自分としては、
全国の郵便局でこれを周知させるための
印刷費や広告費などを考えると、

それでも年賀はがきの総量で
元が取れるのだろうか、と考えてしまう。

そして、この年賀はがき対応が、
19年以降も引き継がれるかは未定だそうだ。
 

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
プロスパード
【あなたのビジネスと暮らしを繁栄させる】

健康アドバイザー
売れる広告文作成
集客コンサルタント・セミナー講師

山川晃弘


コメントする