あの事件から1カ月、、、

From:山川晃弘

 
仮想通貨大手交換業者コインチェックから
巨額の仮想通貨「NEM」(XEM)流出事件から、
26日で早1カ月が過ぎた。

…にも関わらず、
顧客への補償は依然として不透明。

他の仮想通貨も含めて、
停止中である売買や送金などの
再会の目途も立っていない。

一応、コインチェック側では
事業継続の考えを示してはいるが、
正直、危うさだけしか感じ取れない。。。

 
「NEM」(ネム)は2018年1月26日に
被害総額推定5億2300万NEM、
日本円にして約580憶円が流出し、

同日中に売買や送金などの
ほぼ全てのサービスが停止した。

顧客が預けていた日本円の出金だけは
2月13日に再開されたが、

仮想通貨の引き出しや
大半の取引については止まったままだ。

株と同じようなやり方である
取得時よりも価格が下落しても、
売却して損失を限定する

通称「損切り」さえ、できない状態が続いている。

コインチェック側は流出したNEMの
補償として合計約460憶円を
顧客に支払う方針を表明しているが、

時期の目途や原資の詳細などについては
未だに説明はされていない

 
今回の件で、金融庁は
流出から3日後という異例の早さで
コインチェックに業務改善命令を出した。

立ち入り検査にも乗り出し、
現在も調査中とのことだ。

また、金融庁は
コインチェックなどの登録申請中の
交換業者である「みなし業者」に対し、

一定の期間を経ても安全管理体制が
基準を満たさない場合は、
登録を拒否する方針を固めた。

同社の大塚取締役は
事業は継続すると強調するが、

登録拒否となれば、
交換所は運営できなくなる

金融庁は改善命令で
経営責任の所在の明確化を求めており、

現経営体制での事業継続は困難と見られ、
コインチェックは資本提携を含めた
財務の増強策を検討。

インターネット関連企業などが
スポンサーになるなど
再出発する可能性が視野に入っている。。。

 
もちろん、今回の件で一番悪いのは
ハッカー行為をした人である。

とはいえ、NEMに対する
セキュリティが甘かったのは事実であり、
管理体制の不備も否めない。

だが、流出先のアドレスが
ニュースで早々に割れたにもかかわらず、
そこから進展がないのは、どうしてだろうか?

ここからは自分の考えになるが、
内部犯による犯行の手助けもあった、

もしくは会社ぐるみの陰謀も
考えられるのではないだろうか?
と、無粋であるが思ってしまう。。。

 
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
プロスパード
【あなたのビジネスと暮らしを繁栄させる】

健康アドバイザー
売れる広告文作成
集客コンサルタント・セミナー講師

山川晃弘