電話料金を年間4万円以上節約する方法

From:山川晃弘

 
先週から台風21号の被害や
北海道での震度7の地震など、

自然災害のニュースが
常に報道されているイメージがある。

今の話題といえば、それなのだが、
もうすで散々取り上げられているので、

そちらはTVや新聞におまかせし、
こちらでは、少し違うものを話題にしよう。

 
今日の話題は、
人気の格安SIMについて。

大手携帯電話事業者(NTTドコモ、au、ソフトバンク)よりも
圧倒的に安い月額料金を提供しているため、
乗り換える人がどんどん増えてきている。

ちなみに僕も、
特に宣伝するわけではないけど、
Ymobileを使用しており、既に1年以上契約している。

そもそも格安SIMがなぜ安いかというと、
簡単に言えば、
大手のキャリア回線を借りてサービスを提供しているから

要は通信設備を自社で用意する必要がないため、
その費用が掛からない分を
低料金のプランとして提供できるのだ。

 
では、実際にはどのくらい料金は変わるのか?

今、大手キャリアを使用している人は
以下の3つを全て満たしていれば、
年間で4万円以上節約できる可能性がある。

 
(1) 毎月の携帯電話(スマホ)料金が6500円以上

(2) 毎月の通話時間(070、080、090から始まる番号)は10分以内

(3) 月々のパケット(データ)使用量が3GB以内

 
まず、(1)について、
大手キャリアで契約しているユーザーの
月々のスマホ料金の平均は6500円程度になっている。

対して、格安SIMのユーザーの平均は2500円程度。
この差だけで月々約4000円、
年間で約48000円も変わってくるのだ。

そして、(2)については、
LINEやSkype、IP電話などの代替案で
通話のやり取りをする人が増え、
携帯電話からの音声通話は減ってきている傾向にある。

最後に(3)について、
NTTコムリサーチの調査によると、

なんとスマホ利用者の90%以上が、実際は
毎月3GB未満の通信料しか使用していないという結果が出ている。

要は、通勤や空き時間などで、
よほどスマホのゲームをしていたり、
Youtubeなどで動画を見ない限り、
3GB以上のプランは必要ないことがわかる。

スマホ自体がよほど古い機種でなければ、
以降前のSIMロック解除ができるし、
しかも無料な上に、オンラインでも設定ができる。

後は切り替えと同時にすぐに
以前と同じような使い方ができるので、
不便だと思う期間はほぼ無いと言って良い。

まあ、強いて自分の体感を言うのであれば、
地下やトンネルなどの電波の届きにくいところでは、

若干、大手キャリアに比べて
電波の弱さが気になることはあるが、

支障をきたすほどのものではないので、
月額4000円の差は大きかったりする。

 
もし、あなたも上記の3つに当てはまるなら、
乗り換えを検討してみても良いかもしれない。

もし、されるのであれば、
個人的には月末をオススメする。

格安SIMの会社は使用し始めた日から
日割り計算で初月の料金の請求が来るが、

大手キャリアの解約月は
例え1日だろうと丸々1カ月分、
料金請求が掛かってくる。

その分、月初めの乗り換えは
電気量販店などのスマホコーナーで
キャッシュバックやその他のキャンペーンを
やっていることが多いので、
どちらが得なのか調べてみても良いかもしれない。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
プロスパード
【あなたのビジネスと暮らしを繁栄させる】

健康アドバイザー
売れる広告文作成
集客コンサルタント・セミナー講師

山川晃弘


コメントする