『10月と言えば』ランキング第一位は!?

From:山川晃弘

 
10月に入って、
だいぶ気候が秋らしくなってきたかな?

と、思いきや、
先日の日曜日の暑さはまさに真夏

今の暦を疑うかのような暑さだった。。。

その日、夕方くらいに仕事から帰ってきたんだけど、
閉め切っていた部屋の室温は、なんと37℃!!

今年の残暑は厳しすぎ,,,((+_+))

 
さて、その10月と言えば、
あなたは何を思い浮かべるだろう?

秋を連想するので、
食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋、芸術の秋、、、
と色々と思い浮かべるかもしれない。

特に秋は過ごしやすい季節なので、
上記のような言葉ができたのかもしれない。

他にも連想されるイベントと言えば、
運動会や紅葉といったものもあるだろう。

しかし、近年、
なんと「10月と言えば」ランキング(そんなものがあるのか…)において、
ぶっちぎりの1位で票を集めたイベントがある。

多分、あなたも想像がついているだろうし、
すでに店頭などで何度も見掛けているだろう。

そう、
栄えある第一位は

10月31日の『ハロウィン』だ。

 
ちなみにこれはキリスト教の祭りではなく、
古代ケルト祭りが起源とされている。

本来は秋の収穫を祝い、怨霊などを追い払う意味合いのあるものだったが、
現代では民間行事として、すでに定着している。

カボチャの中をくり抜いてローソクを立てた
「ジャック・オー・ランタン」

お化けや魔女などに仮装した子供たちが
近所の家を訪ねて唱えるのが
「トリック・オア・トリート」
いわゆる『お菓子をくれないといたずらするよ』の意だ。

最近では仮装行列の意味合いも強く、
各地で色々な仮装イベントが催されている。

特に有名なのは、10月31日に
特にイベントとして確立しているわけではないのに、
やたらと若者を中心として集まる
渋谷のスクランブル交差点での行列が有名だ。

その日に仕事で渋谷駅にいたことがあるのだが、
良い意味でも悪い意味でも、
凄いイベントだった、、、(;´Д`)

 
ちなみにこの「ハロウィン」、
一昔前まで、あまり定着されていたものではなかった。

自分の年がバレそうだが、
少なくとも僕の幼少期の頃はあまり有名ではなく、
周りの子達と共にお菓子をもらうために
仮装しながら近所を回った記憶はない。

完全に最近、確立されたイベントと言って良い。

だが、その人気ぶりと認知度は計りしれないため、
これは経営(販売)戦略にも十分に使える

10月のハロウィンは
12月のクリスマス、2月のバレンタインなどと同様、
それだけでイベント的な効果を生み出す

どんなサービス、どんな商品でも、
ただ、割引やお得なキャンペーンとして打ち出すのではなく、

「ハロウィンだから」という理由をつけるだけで、
効果的な理由付けになるのだ。

そのキャンペーンが
ハロウィンと関係あろうがなかろうが、
顧客はあまり気にしない。

もちろん、関連付けれるなら、
より効果的なキャンペーンとなるだろう。

なので、あなたも何か商品を扱っていたり、
サービスを提供しているなら、
このせっかくの「ハロウィン」を
上手く使ってみてはどうだろうか?

目に見えて、効果の違いが判ると思うよ。

 
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
プロスパード
【あなたのビジネスと暮らしを繁栄させる】

健康アドバイザー
売れる広告文作成
集客コンサルタント・セミナー講師

山川晃弘


コメントする