あなたはきちんと取ってる?

1

From:山川晃弘

昨日とは明らかに違うのがわかる。

いきなり何言ってんの?
ってなるかもしれないが、

実は昨日、久しぶりに思いっきり体調が悪く、
朝起きてからだるさが半端なく、
途中から頭痛もし出して、
朝からかなりまいっていた。

昨日はこの毎日の記事を書き終えたら、ベッドへ直行!
という状態で、そのまま夕方くらいまで
食事も取らず休息していた。

夜になって、さすがに胃の中に無理やり
食べ物をいれたが、
相変わらず頭痛は取れず、だるさもひどくて、
明日大丈夫だろうか…と本気で思った。

日中さすがに寝まくったので、
あまり眠たさはなかったが、
それでも体を休めるために早めに就寝。

夜中に何度からうなされたような気がするが、
朝起きてみると、頭痛とだるさは取れていて、
どうやらインフルエンザとかの兆候ではなかったらしい。

正直、ホっとした…

多分だと思うけど、季節の変わり目とか
急激な気温の変化とかではなく、
単純に疲労が溜まっていたのではないかと思う。

やっている仕事があまり好きじゃないとか嫌々だと、
結構体調には敏感になるのかもしれないが、
好きな仕事とか、あまり気にならないという人は、
ある日突然、体が悲鳴を上げるという、
似たような経験をするのではないだろうか?

自分は何かしら毎日、仕事に関することをしていたが、
朝に集中させるタイプなので、
昼からはまったりとできる仕事を選び、
夜に至っては頭と体を休めるために、
あまり考えるような仕事をしない。

せいぜい、メールなどの連絡事項を確認する程度だ。

とはいえ、体は正直で、
どこかしら無理がたたっていたのかもしれない。
もしくはただの生活習慣の問題かもしれないが、、、

今回のことで実感したのは、
自分が考えているより、
体はずっと正直で見えないところで疲れているということ。

単純に肉体的な疲労だけでなく、
精神的にも疲れているのではないかということ。

労働時間は長くないから
休まなくてもOKなのではなく、
見えない、わかりづらいところで
精神的にも疲れているんじゃないかと考え、
しっかり休みを取らなければならない。

でないと、結局は誰かに迷惑を掛けるか、
休んでおけば起こらなかった損も引き起こしてしまう。

あなたも忙しい毎日を送っているだろう。
気持ちはわかるが、
それでも今日、もしくは今週は
比較的余裕があって休める機会があるなら
今後のために休んでおこう。

肉体的に疲れているなら、
たまになら一日中寝ているのも一考。
もったいないと思うかもしれないけど、
後から倒れたらもっと時間がもったいない。

肉体的にはそんなに疲れておらず、
精神的に参っているかもしれないと思うなら、
たまには日帰りの旅行や買い物に出掛けて
ストレスを発生させるのも良いのではないだろうか?

山川晃弘