あなたはどっちが多いかな?

From:山川晃弘

 
突然だけど、あなたに質問!

① メールを見る量・頻度

② LINEを見る量・頻度

あなたは今、どっちが多いかな?

 
僕は後者のLINEを見る機会の方が
今は圧倒的に多い

まあ、どっちも仕事に
使ってたりするのもあるんだけど、
それ以前に

使っているiPhoneの
LINEアプリアイコンの右上に
数のアイコンバッジが表示されると、

どうしても「0」に、
というか数字を消したくて、
LINEを開いちゃうタイプ。。。

一方、メールアイコンの
バッジの数字は溜まっても放置してたりする。

でも、考えてみたら、
…これって、すごくない?

 
僕はマーケッターでもあるので、
お客さんに有益な情報を送ったり、
信頼関係を築くための手段に

「メルマガ」を送ることを
推奨してたりするんだけど、

こと、開封率だけ見れば、
僕の上記の現象と同じように
LINEの方が圧倒的に高いわけだ。

なので今、
「LINE@(アット)」というのが、
この業界ではものすごく注目されている。

 
「LINE」と「LINE@」の違いは

LINEが1:1もしくは、
グループを形成してコミュをするのに対して、

LINE@は登録者全員に
情報を一括で配信することができる。

受け手はLINEで受け取り、
しかも、相手は送り手1人から
個別に送ってきたように見える。

しかも、そこに返信をしても、
グループじゃないので、
返信が届く先は送り手にだけ。

要は、完全にメルマガと同じ
役割を果たしているわけだ。

さらに良いメリットしては、
メールは無料も含めて、
個人が複数のメールアドレスを
持つことができるけど、

LINEは電話番号に紐づくので
持てるのは基本、
携帯1つに対して、1つのアカウントだけ。

なので、ブロックされない限り、
相手がLINEを使っていれば、
必ず届くし、開かれる可能性も高いわけだ。

 
もちろん、メリットだけでなく
デメリットも存在する。

まず、長文は単純に読みにくい。

それにLINEは基本、
コミュニケーションアプリなので、
広告などのURLを張り付けるのも禁止だ。

上記をやると、
アカウントIDが消されることもある。

 
でも、僕が考えるに
このLINEを使ったビジネスは今後、
益々、成長してくると思われる。

僕もそうだけど、
あなたも自分のビジネスを持っているなら、

何かしらのお客さんと
信頼関係を築く手段として、
早く検討を考えた方が良いと思うよ。

 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【忙しい社長はなぜ儲からないのか?】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

働く時間を半分にしても
会社が成長し続ける仕組みを作る
「3つの掛け算」

※明日からすぐ使える!?その秘密のノウハウを公開します!!

あなたは、忙しい割りに
いつまで経っても売上が安定しない、増えない、
といった悩みや不満をお持ちではないでしょうか?

実はその要因となってしまう理由は
安定化させる『仕組み』がないために起こっているのです。

この『仕組み』があれば、
あなたのビジネスを着実に右肩上がりにし、
リピート客を増やし、
会社の規模を10倍にも拡張することができます。

…しかも、あなたの働く時間を半分にして。

▼その秘密の『仕組み』を知りたい方は他にいませんか?

http://shukyaku-daiko.net/prospered/lp/

 

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
プロスパード
【あなたの『0→1』にする右腕アドバイザー】

マーケティングアドバイザー
売れる広告文プロデューサー
セミナー講師

山川晃弘