4年に一度の待ち遠しいイベント

2f72dd3337938137df0250b7a34cba2d

From:山川晃弘

 
ついにこの時期がやって来た。

日本ではここ最近、
エンブレムや会場の件で、
東京五輪の問題の方が話題になっていたが、

明日は、ついに4年に一度の待ちに待った
2016年夏のリオデジャネイロオリンピック(リオ五輪)の
開会式である。
(一部、すでに始まってるのもあるが…)

正確には現地時間の5日開催なので、
日本時間に換算すると、
時差の関係で6日の6時~11時くらいに開会式となる。

今回、6日はちょうど土曜日なので、
仕事が休みの人が多いと思うので、
頑張って起きれば、
生放送を見ることが可能なのである。

ただ、そんな楽しみなリオ五輪ではあるが、
現地では様々な問題が早くも起こっており、
不穏なニュースを相次いで聞く。

今回、初となる南アメリカ大陸の国での
開催になるのだが、開催前にささやかれていた
技術的な面での工事の遅れなどが
やはり浮き彫りとなって深刻化してきているのだ。

明日の開会式に備え、当然、選手たちはすでに
現地入りしているわけだが、
そこでの施設のトラブルがすでに相次いでいる。

例えば、柔道の練習稽古中に突然停電になったり、
選手村にあるシャワー室からの水漏れで
部屋が水浸しになったりといったニュースだ。

正直、やはりという感が否めないが、
これらが万が一競技中に何らかの形で発生してしまい、
選手たちの集中力を切らせてしまって、
結果となって現れてしまわないかと不安ではある。

そんな理由で、結果が出てしまっては、
例え自国の選手が被害に合わなかったとしても
不憫でならないし、選手たちも納得しないだろう。

是非とも、トラブルがないことを祈るばかりである。

 
とはいえ、日本にとっても関係ない話ではない。

何だかんだ言って、きっちり4年後の
2020年は我が国日本での
東京オリンピックが開催するのである。

何とかエンブレムも再決定し、
これから施設・会場の方も本格的に動いていくと思われるが、
まだ問題は山積みだろうし、
開催が近づくにつれて、同じような工事の遅れなどの
影響が出てくるのではないだろうか?

会場だけの問題ではない。

やはりオリンピックと言うのは、
世界中が注目するイベントの為、経済効果もとても高い。

外国人向けのビジネスの発展や
海外からの旅行者の数は
今後も年々増えていくだろう。

でも、それと同時に様々な問題も必ず出てくる。

現時点でも旅行者が増えてしまった関係で
なかなかホテルなどで予約が取りづらい状況になっているし、
民泊やAirBnBなどの規制がきちんと敷かれていない関係で
近隣トラブルなどの問題面も出てきている。

福島の原発問題だって、完全に解決したわけではない。

リニアも部分開業するのかどうかも、
まだ揉めてそうな感じがある。

まあ、前回の東京五輪の際に、
東海道新幹線の開通がとても反響を呼んだので、
間に合わせたい気持ちもわかるが。

後、テロなどの問題による
公共施設の利用制限なども出てくるのでは?
とも噂されている。

これらの問題を真摯に受け止め、
対応していってもらいたいと思う。

 
とはいえ、まずは目先のリオ五輪だ。
開催が楽しみだし、日本人選手が良い結果を
出してくれることを願っている。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
プロセレクション出版
【結果に責任を持つスペシャリスト】

パートナーシップアドバイザー
セールスコピーライター

山川晃弘