台湾旅行編 その1

????????????????????????????????????

From:山川晃弘

 
以前から、
Facebookやブログでも公言したように
この度、関東圏の友人達とともに
台湾旅行へ行ってきた。

今回は完全にプライベートの内容で、
普段、仕事のことが片時も頭から離れない状態だったので、
気持ちを切り替えるためにも、
仕事のことは一切忘れて、目いっぱい楽しむことにした。

 
まず、行きは羽田空港から出発。

羽田は国際線が運行されるようになったので、
神奈川県に住んでいる僕にとっては非常に近くてありがたい。
乗り換えなしの電車一本で30分で空港まで行ける。

今回、ツアーの便の都合で
帰りは成田への帰国になってしまうのだが、
成田は都内からはとても遠いので、
片方だけでも近場からというのは、
非常に時間とお金の節約になるので嬉しい。

羽田空港では、
日本からの出国自体は全然面倒ではないので、
特に滞りもなく行きの便に乗り込む。

台湾までのフライトは約3時間半。
ちょうど沖縄と同緯度くらいのところにあり、
気候はとても暖かい。時差は1時間戻る。

去年に行ったハワイと違って、
あまり時差ボケはなくフライト時間も短い。
ほとんど寝ているだけで現地に着いた。

 
無事、台湾の首都である台北の空港に到着し、
入国手続きも問題なく終わった。

ただ、天候は天気予報で曇り時々雨と予想だったのに、
しっかりと本降りの雨。
いきなり旅行の出鼻を挫かれた感じ。

ツアーからの申し込みなので、
とりあえずホテルまでバスで案内してもらい、
チェックインして荷物を下ろして、
さあ、自由時間となったわけだが、

結局、空港では入国などの手続きや
バックの受け取りなどでなんだかんだ時間を使うため、
ホテルに無事着いた頃には現地時間で17時を回っていた。

とはいえ、そのままホテルにいても、
もったいないので、雨の中、早速市内へ繰り出す。

 
1日目の夜の目的地は士林市場。

台湾では夜市というものがあり、
色んな出店や商店などが並んでいる地区があって、
その中でも士林市場というのは、
台湾の首都台北の中でも大きくて有名なところだ。

台湾は日本に比べて、特に食事の物価が極めて安い。
また、台北市内を走る鉄道(地下鉄)も
初乗りが日本円換算で約70円くらいと
食べ歩きするだけなら、とてもリーズナブルに旅行できる。

その士林市場に18時ごろに到着。
雨にも関わらず地元民と観光客で人がごった返している。

とりあえず、市場の入り口から
店を適当に見て回り、
気になった屋台で少しだけ買い食いを楽しみ、
市場の中でも有名な地下にある美食街に向かう。

美食街というと大げさだが、
地下に台湾のB級グルメのような
食事処がいっぱい集まっている有名なスペースがあるのだ。

実際、中はものすごく活気ついていた。
店の人も元気で、すごい呼び込みの勢いだったし、
色んな料理が店頭にめちゃくちゃ並べられている。

あまりに量が多すぎて、美味しそうでもあったが、
色んな匂いも混じってしまって、
人込みも凄いことから
完全にカオス空間のような状態だった。

でも、そこで、台湾で有名な
大腸包小腸や牛肉麺、台湾ビール、炒飯、
牡蠣のオムレツや水餃子など、
ガイドブックに載っている有名料理をひとしきり
しっかり堪能し、
一日目の夜から、とても大満足な内容となった。

 
山川晃弘
 

PS
しばらくは日記みたいな内容になりそう(^_^;)
ごめんね。