プロフィール

プロスパード 代表挨拶

「0→1にする」右腕(ブレイン)アドバイザー%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%ab%e7%94%bb%e5%83%8f

マーケティングアドバイザー
売れる広告文プロデューサー
セミナー講師

プロスパード 代表 山川晃弘
愛知県北名古屋市生まれ。

経営・経済学系の公立大学を卒業後、
大手家電量販店に入社。
販売員としての営業の経験を持つ。

その後、
「若い時にしかチャレンジできない!」と強く感じ、
興味のあった英語を学ぶためと
自分の見聞を広める理由もあって、
24歳でオーストラリアへ留学。

帰国後、得意のパソコンスキルと英語を活かしてソフトウェア開発会社に入社。
そのまま取引先のトヨタのグループ会社にて、
海外留学の経験から海外向けカーナビゲーションソフト開発部門に配属され、
ソフトの管理や評価、仕様・マニュアルなどの確認や翻訳などを担当する。
4年後、システムエンジニアとして独立するが、
この業界特有の開発時期に合わせての増員や人切りを何度も目の当たりにし、
安定性のない仕事に将来の不安を覚える

そんなモヤモヤとした釈然としない気持ちを抱えたまま、
他に自分が人に役に立てる仕事はないのか、と模索している時に、
『コピーライティング』に出会う。

過去の営業経験と大学で経営学を専攻していた経緯から、
「セールストークを紙に落とす」
という24時間365日文句も言わず、
無料で働き続けてくれる分身を生み出す
これまで全く発想のなかったコピーライティングというスキルに惚れ込み、勉強を始める。

その後、苦労しつつも何とか
セールスコピーライターとしてクライアントを獲得。

化粧品、健康サプリ、健康食品、投資、セミナー案内などのランディングページ(LP)、
オンライン情報コンテンツ、ブログ、店舗集客チラシなど
様々な分野やメディアでコピーライティングを経験し実績を残すが、

その際のクライアントとの打ち合わせや相談時に
あまりにもマーケティングの知識が乏しい事や
セールスプロセスが甘いことに驚愕。

効果的なマーケティング法や
今後の会社が獲得していきたいターゲットやその方向性に対して
必死でアドバイスをする自分を見つめ直した時に、

「これって、やっていることはコンサルティングではないのか?」

と疑問に思うように…
そして元々、人に教えるのが好きな性格も相まって、
ただセールスコピーを提供するのではなく、

『クライアントにマーケティングを理解してもらって、
クライアントご本人および会社全体、
果てはその先のお客様まで幸せになって欲しい』

という願いから、

セールスコピーライターの経験と視点から見た
全く新しいポジションとサービス・サポートを提供する
「右腕(ブレイン)アドバイザー」としての活動を始める。

過去の経験と実績から
中小企業向け および まだ起業していない人の独立支援を得意とし、

クライアントには、
もっとも大変な「0→1にする」ノウハウアドバイスを提供している。
早い方はその方法を実践して、

・初月から売上が30倍になる
・1カ月程で初クライアントを獲得する

などの実績を生み出し続けている。